できれば東京に行きたいな

もう30年近く前のことなのですが、ある日突然、前歯のうちの一本の歯茎が腫れてしまい、歯がぐらぐらになってしまいました。歯磨きには気をつけていましたので、原因は未だにわかりませんが、目と同じほど人に印象を与える前歯のことですから、おそろしくなってすぐに歯医者に飛び込みました。

ですが、結局その歯は抜くことになり、当時一般的だったブリッジの差し歯にすることになりました。その頃は、そういう場合、前歯を白い歯にしようとすると保険が効きませんでした。ですから、しかたなく1本7万円(ブリッジなので合計21万円)のセラミックの歯を選択しました。

それから20年程経ってその前歯を作り替えた方がいいと言われたのですが、お金のことが心配でしたのでなかなか決断できずにいました。(※ デンタルローン 審査

でも、現在は前歯も保険で白くできるようになったのだと言われ、プラスチックではありますが、白い歯を作り直してもらいました。いつから前歯が保険で白くできるようになったのかは知りませんが、昔はそんな具合でしたから、若い女性でも前歯が銀歯の人がいたりしまし。今では想像もできませんが。

海外のニュース番組などを見ていても日本ほど銀色に治療した歯を見ることはありません。前歯を保険で白くできるようになって、少しは日本人の歯も美的になってきたかなと思います。

私が夜勤をしていたのは、深夜でも営業しているピザ屋でした。
夜半にピザを購入しに来る人はほとんど居ないため、もっぱら昼営業で汚れた店の清掃に当てられていました。それでもたまに、深夜二時頃にピザを買いに来る人がいると、退勤時間が遅れてしまうので、しぶしぶとピザを焼いていた記憶があります。
掃除で困ることが、基本的に夜勤が二人なので、掃除が間に合わないことです。深夜だと当然ゴキブリも出没するので、毎日が害虫との戦いでした。従業員の煙草の吸殻を片付けるのも私なので、禁煙にしてほしいと思ったことがあります。
持ち回りで昼勤と夜勤を交代するので、昼勤の時は自分がぱすぱす煙草を吸って、掃除のいやさを思い知らせようと思ったのですが、効果がなかったので止めました。
強盗などに気をつけるよう指導されていましたが、幸い自分が務めていた時には、そういった恐ろしい事件は起こりませんでした。
深夜にピザの匂いを嗅いでいると、お腹が減ってくるのも悩みでした。

夜勤といえば看護師を思いつきます。看護師だってアルバイトの人がいるのを知っていますか?そういう看護師の求人は看護師専門の求人情報転職支援サイトで確認できます。

初めての子供が2歳と3ヶ月の時に熱が続き小児科には毎日通院していましたが熱が下がらず近くの総合病院に紹介状をもっていくように言われて初めて行く病院へ…

子供はぐったりしているし病院の先生と看護師の先生にお願いするしかない状況。脱水症状気味で栄養がしっかりとれていないのでこのまま入院したほうがいいと言われて入院。

初めてのことに涙が止まりませんでした。

パートの看護師さんに子供はお願いして入院の準備をするために自宅へ帰って準備をしてダッシュで病院へ動転しているにも優しく対応してくれるパートの看護師さんに救われました。

http://xn--fdkr3kz28jyeqmktfir8k1b.biz/・・・パート看護師の求人を探すならこちら!

大人なら言葉が話せて思いを伝えることができますができない小さな子供にも嫌な顔せずにちゃんと子供に接してもらえる姿は子供以上に私がほっとしました。

わからないから不安な病院で冷たい対応をされるとそれだけで滅入ってしまうだけに笑顔で小さなことでも対応してくれた初めての病院での初めての子供の入院生活で出会った看護師さんには本当に精神的に救われました。

妊娠初期の頃、大量出血からの切迫流産で二週間ほど入院生活を送っていました。
一日二回の点滴と、食事前の漢方、そして何より安静が一番の治療とのことでベッドからほとんど動かない生活をしていました。
加えてつわりがひどかったため、病院食も摂れたり摂れなかったりと不安定な日々を過ごしていました。

点滴や回診などで看護師さんのお世話になることは多く、回診の際にはいろいろ話を聞いてもらっていました。
つわりで食欲がないことや、お腹を下してしまったことなど、初めての妊娠と言うこともあり自分の不調が赤ちゃんに影響を及ぼしてしまうのでは、と不安が募っていたのです。

つわりは当たり前に起こることだし決して異常事態ではないはずなのですが、そんな私の悩みにも東京の看護師さんは親身に相談に乗ってくれました。

看護師募集 東京・・・http://xn--1lq25h4tmmkjrtti61actq.com/

やっぱり東京の看護師さんに「大丈夫だよ」と言ってもらえるととても安心できたのです。

そんな入院生活を乗り越えて、今では毎日赤ちゃんのお世話に奮闘する日々を送っています。

子供が生まれてからずっと睡眠不足で3か月くらいがんばりました。
年末帰省中にのんびりしていたら気が抜けたのでしょうか。
突然の腹痛とともにすごい熱。

近所のクリニックへ受診したらこれはすぐ入院しないと大変な炎症反応ということで紹介状を書いてもらって慣れない実家近くの大病院に入院しました。

のんびりしたかったので個室をお願いしてゆっくり過ごしましたが、子供が小さかったのでそれが気になってちっとも眠れませんでした。

また、個室だったので部屋代が高かったのですが、いつの間にか忘れていた保険に入っていてそれでまかなうことができました。

突然の入院なんて想定もしていなかったので驚きましたが、内容は抗生物質を点滴するというようなものでした。
ご飯は普通に食べられたので3日程度で済みましたが、本当に胃が痛かったです。

大病院のベッドが空いていてよかったと思います。
年末だったのですが、幸いお正月前に家に戻れました。ラッキーでした。